環境保護家のビンテージバイヤーによるライフスタイルミリタリー: maharishi

“世界で最も有名なカーゴパンツの起源”

デザイナーHardy Blechmanの父は珍しい切手やコイン、ポストカード等を取引するアンティークディーラーであった。幼少の頃から収集する事に興味があった彼はその影響からか、ブランド立ち上げる以前は世界中の余分なミリタリーウェアを取引するディーラーとしてそのキャリアを積み上げていた。

2004年にはカモフラージュのパターンに関する専門書を執筆する程その造詣は深く、後にデザイナーはこの経験こそがmaharishiのルーツであると回想している。

“東洋的美学”

Hardy: 今回は東洋美学からのインスパイアーが大きいかな、日本の伝統的な刺し子織りを使用したり、グラフィックの部分でも春画を落とし込んだりもしているよ。これまでも忍者の服装からインスピレーションを受けたし葛飾北斎のアートワークをデザインに落とし込んだり、日本特有の洗練された美学には敬意を払っているよ。

Shunga T-Shirt
——————————
¥8,000

 

Maha Eagle T-Shirt
——————————
¥6,000

 

“自由なクリエーション”

Hardy: これだけ長い間ブランドをやっていると本当に沢山の人と出会えたよ。それがアーティストだったり他の洋服のブランドだったりおもちゃメーカーとだって共同制作なんかもしたよ。G-SHOCKに至ってはもう何回もコラボレーションさせてもらっているよ。ありがたいよね。コラボは沢山しているけど一番大切にしているのは自由なクリエーションさ、もしマクドナルドやコカ・コーラがカモ柄でパッケージデザインをお願いしてきたら考えるよ。笑

Camo Oversized T-Shirt
——————————
¥13,000

 

Camo Cotton Canvas Cargo Pants
——————————
¥42,000

 

“フェアトレードプロダクション”

Hardy: 僕は自然保護の活動もしているんだ。だから、僕が創り出すアイテムの多くは、ミリタリーのビンテージ生地の再利用や、ナチュラルファイバー、オーガニックコットンを使って、持続可能性に配慮したものになっている。アジアのファッションシーンや、ミリタリーウェア、様々な分野からもインスピレーションを受けているんだ。

Vintage Upcycled Coach Jacket
——————————
¥75,000

 

Rollaway Shopping Bag
——————————
¥6,000

 

“迷彩 = 反戦”

Hardy: 元々迷彩は、軍服起因じゃなくて自然界がルーツなんだよ。
迷彩との出会いを語るなら自然史芸術家”アボット・セイヤー”を説明しなくちゃね。彼が1909年に出版した『Concealing Coloration in the Animal Kingdom』迷彩が産声を上げた瞬間さ、この著書では動物が自然界の色彩に同調する美について描かれておりこれを後に模倣し開発されたのが軍服のルーツであり、本来は自然が生み出した美学なんだよ。

マハリシ旗艦店の窓に記載されているように、このブランドのアイデンティティーは、反戦なんだ。

“aims to convey a strong anti-war sentiment through its use of camouflage―reclaiming its symbolic value away from war, back to its roots in nature and development by artists and to highlight objections to continued 21st century Warfare.”

「戦争から象徴的価値を取り戻し、自然界のルーツに戻って、芸術家たちの発達に戻って、迷彩を使って反戦感情を伝えることを目指し21世紀の戦争への反対を強調する。」

お取り扱い店舗:
VENTURER ONLINE STORE(ベンチュラーオンラインストア)
VENTURER TOKYO(ベンチュラー東京)